2014–15 Season Buy Tickets

Synopsis

Lady Macbeth of Mtsensk

Act I
Katerina, the young wife of Zinovy Ismailov, is bored with her life and loveless marriage. Her father-in-law, Boris, complains that she hasn’t produced an heir yet and warns her not to take a lover. When news arrives that a dam on an outlying part of their property has broken, Zinovy decides to oversee the repairs himself. Before he leaves, he points out to his father a new laborer named Sergei. Boris humiliates Katerina by making her swear in public that she will be faithful to her husband and by forcing her to her knees. The cook Aksinya gossips that the handsome Sergei was dismissed from his last job because the mistress fell for him.

The workers, led by Sergei, molest Aksinya. Katerina intervenes, defending the bravery of women and berating Sergei. He challenges her to a trial of strength. They wrestle, clearly attracted to each other, and Sergei pins her down just as Boris appears. Boris threatens to tell Zinovy about his wife’s behavior and sends them all back to work.

Later in her bedroom, Katerina reflects on her frustrated passion and despair. On the pretext of wanting to borrow a book, Sergei knocks on the door. He seizes her and their embrace leads to passionate lovemaking.

Act II
The sleepless Boris keeps watch over the house. Lost in memories of his youthful amorous adventures and seeing light in Katerina’s room, he decides to perform his son’s marital duties for him. At that moment he overhears Sergei kissing Katerina goodbye at her window. He seizes Sergei as he climbs down and summons his daughter-in-law to watch as he flogs her lover. Locked in her room, Katerina is unable to defend Sergei, but she eventually climbs down and hurls herself at Boris. Sergei is locked in the storeroom. Boris demands food and sends a message to call Zinovy home. Katerina serves him mushrooms she has poisoned. Boris cries out for help and for a priest to hear his confession, but Katerina just takes his keys and goes to release Sergei. The priest arrives in time to hear Boris accuse his daughter-in-law of murder, but Katerina mourns so eloquently that all believe the dying man is raving.

In Katerina’s room, Sergei warns her that Zinovy’s return will bring an end to their love. As he falls asleep, she thinks about their future but becomes terrified when the ghost of Boris appears and curses her. Her screams wake Sergei, who sees nothing and calms Katerina. When they hear Zinovy approaching, Sergei hides. Zinovy enters and questions his wife. She responds with sarcasm, and he starts beating her with Sergei’s belt, which he noticed lying on the bed. Sergei rushes forward to defend her. Zinovy tries to escape, but Katerina strangles him with Sergei’s help. The lovers dispose of the body.

Act III
On their wedding day, Katerina and Sergei think about the hidden corpse. As they leave for the ceremony, a drunken peasant, in search of more liquor, breaks open the door and discovers the body.

At the local jail, the Police Sergeant and his men idly sing the praises of their profession and complain about the low pay. They question a teacher who is accused of being a nihilist, but even this diversion can’t compensate for the fact that none of them has been invited to Katerina’s wedding. When the peasant appears with news of having found a corpse at the Ismailovs’, they hurry off to investigate.

During the wedding feast Katerina suddenly notices that the lock has been broken. She tells Sergei they must leave immediately. As he goes to get money from the house, the police arrive. Katerina, realizing there is no point in resistance, holds out her wrists to be handcuffed. Sergei tries to escape but is captured.

Act IV
On the road to Siberia, convicts stop by a river for the night, men and women in separate groups. Katerina bribes a guard and finds Sergei, who blames her for ruining his life. Tormented by his rejection, she returns to her place. Meanwhile, Sergei flirts with another convict, the young Sonyetka, who promises to be his if he will get her a new pair of socks. Sergei goes to Katerina, pretending he won’t be able to walk further unless she gives him her stockings. Katerina does and he immediately takes them to Sonyetka. Katerina watches helplessly as the other women taunt her. An officer orders everyone to get ready to continue the march. Katerina approaches Sonyetka and drags her off a bridge into the river where both are drowned.


Synopsis

Lady Macbeth of Mtsensk

《ムツェンスク郡のマクベス夫人》
作曲:ドミトリー・ショスタコーヴィチ
台本:アレクサンダー・プレイスとショスタコヴィチ
原作:ニコライ・レスコーフの小説『ムツェンスク郡のマクベス夫人』
初演:1934年1月22日、レニングラード、マールイ劇場


第1幕
ジノーヴィ・イズマイロフの若妻カテリーナは、自分の人生と愛のない結婚生活にうんざりしている。舅のボリスは、跡継ぎをもうけていない嫁を責め、愛人を作らないようにと釘を刺す。一家の地所から遠い場所で堤防が決壊したという知らせが入ると、ジノーヴィは自ら修繕工事の監督に出向くことにする。出発前、ジノーヴィは父親に、セルゲイという男を新たに雇い入れたことを伝える。舅は、カテリーナを皆の前でひざまずかせ、夫に貞節を誓わせるという屈辱的行為を強いる。料理人のアクシーニャは、男前のセルゲイは、前の雇い主の奥方が彼によろめいたせいで仕事を首になったのだという噂を口にする。

セルゲイが中心となって、使用人の男たちがアクシーニャに乱暴を働いているところに、カテリーナが止めに入る。世の中には強い女もいると言い、セルゲイを叱りつける。それならばと、セルゲイはカテリーナに力試しを持ちかける。二人は取っ組み合いをするが、互いに惹かれ合っているのは明らかだ。セルゲイが彼女を組み敷いたところへ舅のボリスが入ってくる。舅は、嫁の所業をジノーヴィに言いつけると脅し、男たちを仕事に戻らせる。

その後、寝室でカテリーナは満たされない情熱と絶望にとらわれて悶々としている。本を借りたいという口実でセルゲイが訪ねてくる。そして彼はカテリーナを奪い、やがて二人は情熱的に愛し合うようになる。

第2幕
舅のボリスは眠れないので屋敷を見回っている。若い頃の色恋沙汰の想い出に浸っていると、カテリーナの寝室に明かりが点いていることに気づく。息子の代わりにひとつ自分が夜の務めを果たしてやろうとよこしまな考えを抱くが、窓辺でセルゲイが別れのキスをしているのを耳にしてしまう。セルゲイが寝室から降りてくるところを捕えると、嫁を呼んで、鞭打つところを見せつけるが、カテリーナは部屋の戸に外から鍵を掛けられているため、セルゲイを助けることができない。だがとうとう窓から降りて舅に飛びかかって止めるが、セルゲイは倉庫に監禁される。舅は自分の食事を用意するよう嫁に言いつけ、息子を呼び戻すよう使いを命じる。カテリーナは、毒を入れたキノコ料理を舅に食べさせる。舅は助けを求め、最後の懺悔を聞いてもらうために司祭を呼んでくれと叫ぶ。だがカテリーナはそれを無視し、舅から鍵を取り上げるとセルゲイを助けに行く。司祭がやって来ると、ボリスは嫁に毒を盛られたと訴えるが、カテリーナがあまりに上手に嘆き悲しんで見せるため、誰もがボリスの言葉は死に際のうわ言に違いないと思う。

カテリーナの寝室。セルゲイは、ジノーヴィが戻れば二人の情事も終わりだと言う。セルゲイが眠ったあと、カテリーナは彼との将来を思い描くが、舅の幽霊が現れて彼女に呪いをかける。彼女の悲鳴でセルゲイも目を覚ますが、彼には幽霊は見えず、カテリーナを落ち着かせるだけだった。ジノーヴィが戻ってくるのが聞こえたセルゲイは身を隠す。ジノーヴィが部屋に来て、妻にあれこれ質問する。嫌味たっぷりに答えるカテリーナに腹を立てたジノーヴィは、ベッドの上にあったセルゲイのベルトを見つけると、それを使って妻を打ちすえる。セルゲイが飛び出て来てカテリーナを守ろうとする。逃げようとするジノーヴィを、カテリーナはセルゲイの力を借りて絞め殺し、二人は遺体を隠す。

第3章
カテリーナとセルゲイの結婚式の日。二人は隠した遺体のことが気になっている。挙式のために二人が出かけると、酔っぱらった農夫がやって来て、もっと酒はないかと探すうちに、扉を開けて遺体を見つけてしまう。

留置所では、警察署長が部下と共に、警官は重要な仕事なのに給料が安い、と愚痴をこぼしながら、革命的民主主義者の教師を尋問している。それでも、カテリーナの結婚式に自分らが招待されなかったことへの鬱憤を晴らすことはできない。そこへ、イズマイロフ家で死体を見つけたという農夫が来たので、警官たちは勇んで出動する。

披露宴の最中、カテリーナは錠が壊されていることに気づく。すぐ逃げようとセルゲイを促すが、彼が家の中に金を取りに行っている間に警察が到着してしまう。カテリーナは抵抗しても無駄だと悟り、素直に手錠を掛けられる。セルゲイは逃げようとするが、拘束されてしまう。

第4章
シベリアへ向かう流刑者たちは、川のほとりで夜を明かすことになった。男女は別々に分けられているが、カテリーナは見張りに賄賂を握らせてセルゲイに会う。セルゲイは、彼女のせいで自分の人生がめちゃくちゃになったと言って責める。カテリーナは打ちひしがれて元の場所に戻る。一方、セルゲイは若い女囚ソニェートカを口説こうとする。彼女が、新しい靴下を持ってきてくれたら彼のものになってもいい、と言うと、セルゲイはカテリーナのところへ行き、靴下をくれないとこれ以上歩けない、と彼女に嘘をついて靴下をせしめ、ソニェートカに差し出す。ほかの女囚たちに嘲笑されても、カテリーナにはなすすべもなかった。再出発の号令がかかる。カテリーナは橋の上でソニェートカに近づき、彼女を道連れに川へ身を投げ、二人とも溺れ死ぬ。