2014–15 Season Buy Tickets

Synopsis

Iolanta / Bluebeard's Castle

Iolanta

Iolanta is blind. She lives a secluded life and is treated like a doll. A long time ago her father, King René, hid her from the world and placed her in the care of simple people, Martha and Bertrand. His greatest concern is for his daughter never to find out she is blind. He also doesn’t want the news of Iolanta’s blindness to reach Robert, her future husband. Iolanta is convinced that eyes are only for crying. But she is becoming anxious and has some vague presentiments.

Alméric arrives at Iolanta’s dwelling, announcing a visit from the King and a famous Moorish physician. The doctor’s diagnosis is clear: Iolanta must be told of her disability before treatment can begin. René says no.

Robert and Vaudémont appear at Iolanta’s house. They are overawed—the place seems to hide a secret, danger, they feel threatened. They meet Iolanta, not knowing who she is. Robert doesn’t realize she is his betrothed, whom he doesn’t want to marry because he loves someone else. Vaudémont is enchanted with the girl while Robert is worried by this mysterious place. Enthralled with Iolanta’s beauty, Vaudémont asks her to give him a red rose as a keepsake. Iolanta hands him a white one, twice. Vaudémont realizes that she can’t see. Iolanta has no idea what it means to see, she isn’t aware what she is missing. King René catches Vaudémont talking to Iolanta and is furious with him for revealing the secret to her. With no will of her own, Iolanta doesn’t even know whether she wants to be able to see—she will do anything her father tells her. This only confirms the doctor’s words that without an inner desire, no change is possible. To awaken her desire to regain her sight, the King threatens that if the treatment fails Vaudémont will be killed. Iolanta is healed and her father consents to her marriage to Vaudémont. But regaining her sight doesn’t bring Iolanta the expected deliverance. Blinded by the world, she can’t believe that the people she loves look the way they do. Her love for Vaudémont and the wedding ceremony subdue her fears.

Bluebeard’s Castle

Judith has come to live with Bluebeard, having left her family home and her peaceful, ordered existence. Bluebeard’s secret mesmerizes her—she knows the terrifying rumors, she fears she may be on a road of no return, yet she decides to enter his home. The door closes. Judith confesses her love for Bluebeard, believing that it will change him and light up his gloomy home. She repeats her profession of love like a mantra as she demands that the doors to seven rooms be opened. The first one is a torture chamber, the second an armory. These rooms fill her with terror. The next doors conceal a treasury and a garden. Then Bluebeard shows his empire to Judith. She sees blood everywhere: on jewels, weapons, flowers. She doesn’t want to defer to Bluebeard who says, “Love me” and “Ask no questions.” Judith responds that she loves him and wants him to open up to her, reveal his inner self, uncover his fears. She demands that all the doors be opened. The sixth door, which conceals a sea of tears, is where Judith reaches the limit of knowledge. That leaves the seventh door. Behind it is a space beyond life, on the border of life and death. There are concealed Bluebeard’s previous wives. Passing through the seventh door, Judith joins them. She is made a part of Bluebeard’s space forever. The circle of her journey closes.


Synopsis

Iolanta / Bluebeard's Castle

Iolanta

『イオランタ』
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
台本:モデスト・チャイコフスキー
原作:ヘンリク・ヘルツの戯曲『ルネ王の娘』
初演:1892年12月18日、サンクトペテルブルグ、マリインスキー劇場

イオランタは目が見えない。人里離れた場所で人形のように扱われながら暮らしている。父親のレネ王はずっと以前に娘を世間から隠し、マルタとベルトランという素朴な夫婦に世話を任せてきた。父王の最大の関心事は、娘に自分が盲目であることに気づかせないこと、そして娘の許嫁であるロベルトにその事実を知られないようにすることだった。イオランタは、目は涙を流すためだけにあると信じている。しかし漠然とした胸騒ぎが彼女を捉えていた。

アルメリクがイオランタの住まいにやって来て、レネ王とムーア人の名医の来訪を告げる。医者の診断は明快だった:治療を望むなら、まず本人に盲目であることを認識させなければならないと言う。だが王はそれを拒む。

ロベルトとヴォーデモンがイオランタの家に現れる。二人は、この家の秘密めいた雰囲気に圧倒され、身の危険を感じる。そしてイオランタの正体を知らずに彼女に出会うが、ロベルトは彼女が自分の許嫁であることに気づかない。実は、彼には好きな女性がいて、婚約を喜ばしく思っていないのだ。ロベルトはこの不思議な場所に不安を感じるが、ヴォーデモンは美しい娘に夢中になる。イオランタの美しさの虜になったヴォーデモンは、記念に赤いバラを所望する。イオランタは、彼に2度、白いバラを差し出す。ヴォーデモンは、彼女の目が見えていないことに気づく。イオランタは、“見る”ということの意味を知らないため、目が見えないことに気づいていない。レネ王は、ヴォーデモンがイオランタに話しかけているところを見つけ、長年隠してきたことを彼が娘に知らせてしまったと激怒する。自分の意思を持ったことがないイオランタは、視力を得たいかどうかさえ判断できず、これまで通り父親の言いつけに従うと言う。医者の言うように、本人の内なる願望がない限り、変化は期待できない。“見たい”という欲望を呼び覚ますため、王はあえて、治療が失敗したらヴォーデモンの命はない、と告げる。結果イオランタの目は治り、王は娘とヴォーデモンの結婚を許す。だが見えるようになっても、イオランタには思ったような解放感はなかった。イオランタは初めて見る世界に目がくらみ、愛する人たちの姿かたちをただちに受け入れることができないのだ。しかし、ヴォーデモンへの愛と結婚式によって、イオランタの不安は少しずつ和らいでいく。

Bluebeard’s Castle

《青ひげ公の城》
作曲:ベラ・バルトーク
台本:ベラ・バラージュ
原作:シャルル・ペローの童話『青ひげ公』
初演:1918年5月24日、ブダペスト、国立歌劇場

ユディットは、青ひげ公と暮らすために自分の家族と別れ、平和で秩序ある生活を捨ててきた。青ひげ公には彼女を魅惑する怪しい秘密がある。ユディットは彼に関する恐ろしい噂を聞いていたが、後戻りできなくなる不安を抱えつつも、彼の家に足を踏み入れる。扉が閉まる。ユディットは青ひげ公に愛を告白する。自分の愛で彼を変え、この陰鬱な家を明るく照らすことができると信じているのだ。愛の言葉をお経のように唱えながら、彼女は七つの扉を開けてほしいと求める。最初の扉を開けると拷問室があり、第二の扉の向こうは武器庫だった。ユディットは恐ろしくてたまらない。続いて、宝物の部屋と花園の部屋があった。さらに青ひげ公は、次の扉を開くようにと言い、彼の帝国をユディットに見せる。だが彼女には、宝石にも、武器にも、花にも血が付いているのが見える。「俺を愛せ」、「何も聞くな」と言う青ひげ公にユディットは抵抗し、彼を愛しているが、自分に心を開き、内なる自己を見せ、何を恐れているのか教えてほしいと言う。彼女はすべての扉を開けるよう求める。第六の扉の向こうは、涙の海だった。そこまでがユディットが知るべき領域だった。7つ目の扉が残る。その向こうは、生と死の境、生を超越した空間であった。扉の奥には青ひげ公の過去の妻たちが隠されていた。第七の扉を通り、ユディットは彼女たちの仲間入りをする。永遠に青ひげ公の空間の一部となったのだ。ユディットの旅の円環が閉じる。