2014-15 Season Buy Tickets

Synopsis

Le Nozze di Figaro

Act I
Count Almaviva’s country estate near Seville, late 18th century. The servants Figaro and Susanna are preparing for their wedding. Figaro is furious when his bride tells him that the count has made advances toward her and vows to outwit his master (“Se vuol ballare”). The scheming Dr. Bartolo appears with his housekeeper, Marcellina, who wants Figaro to marry her. When she runs into Susanna, the two women trade insults. The page Cherubino enters; finding Susanna alone, he explains to her that he is in love with all women (“Non so più”). He hides when the count—who is angry because he caught Cherubino flirting with Barbarina, the gardener’s daughter—shows up. The count again pursues Susanna, but conceals himself when the music master, Basilio, approaches. When Basilio tells Susanna that Cherubino has a crush on the countess, the count furiously steps forward. He becomes further enraged when he discovers the page in the room. Figaro returns with a group of peasants who praise the count for renouncing the traditional feudal right of a nobleman to take the place of a manservant on his wedding night. The count orders Cherubino to join his regiment in Seville and leaves Figaro to cheer up the unhappy adolescent (“Non più andrai”).

Act II
The countess laments that her husband no longer loves her (“Porgi, amor”). Encouraged by Figaro and Susanna, she agrees to set a trap for him: they will send Cherubino, disguised as Susanna, to a rendezvous with the count. The page sings a song he has written in honor of the countess (“Voi, che sapete”), after which Susanna begins to dress him in girls’ clothes (“Venite, inginocchiatevi”). When she goes off to find a ribbon, the count knocks and is annoyed to find the door locked. Cherubino hides in the closet. The countess admits her husband, who, when he hears a noise, is skeptical of her story that Susanna is in the closet. Taking his wife with him, he leaves to get tools to force the door. Meanwhile, Susanna, who has reentered unseen and observed everything, helps Cherubino escape through the window before taking his place in the closet. When the count and countess return, both are stunned to find Susanna inside. All seems well until the gardener Antonio appears, complaining that someone has jumped from the window, ruining his flowers. Figaro, who has rushed in to announce that everything is ready for the wedding, pretends that it was he who jumped. When Bartolo, Marcellina, and Basilio appear, waving a court summons for Figaro, the delighted count declares the wedding postponed.

Act III
Susanna leads the count on with promises of a rendezvous, but he grows doubtful when he overhears her conspiring with Figaro. He vows revenge (“Vedrò, mentr’io sospiro”). The countess recalls her past happiness (“Dove sono”). Marcellina wins her case but then, noticing a birthmark on Figaro’s arm, is astonished to discover that he is her long lost son, fathered by Bartolo. The joyful parents agree to marry as well. Susanna and the countess continue their conspiracy against the count and compose a letter to him confirming the rendezvous with Susanna that evening in the garden (Duet: “Che soave zeffiretto”). Later, during Figaro and Susanna’s wedding ceremony, the bride slips the letter to the count.

Act IV
In the garden, Barbarina tells Figaro and Marcellina about the planned rendezvous between the count and Susanna. Thinking that his bride is unfaithful, Figaro rages against all women (“Aprite un po’ quegl’occhi”). He leaves, just missing Susanna and the countess, who are dressed for their masquerade. Alone, Susanna sings a love song (“Deh! vieni, non tardar”). Figaro, hidden nearby, thinks she is speaking to the count. Susanna conceals herself in time to see Cherubino declare his love to the disguised countess—until the count chases him away to be alone with “Susanna.” Soon Figaro understands what is going on and, joining in the fun, makes exaggerated advances towards Susanna in her countess disguise. The count returns, finding Figaro with his wife, or so he thinks. Outraged, he calls everyone to witness his verdict. At that moment, the real countess reveals her identity. Realizing the truth, the count asks for his wife’s forgiveness. The couples are reunited, and so ends this mad day.

Synopsis

Le Nozze di Figaro

Le Nozze di Figaro
フィガロの結婚
作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
原作:ピエール=オギュスタン・カロン・ド・ボーマルシェの戯曲『たわけた一日、またはフィガロの結婚』
台本:ロレンツォ・ダ・ポンテ
初演:1786年5月1日、ウィーン、ブルク劇場

第1幕
舞台は18世紀末、セヴィリャ郊外にある領主館。アルマヴィーヴァ伯爵夫妻に仕えるフィガロとスザンナは結婚を控えて準備に余念がない。しかし、未来の花嫁から伯爵に言い寄られていると聞くと、フィガロは憤慨し、何としても主人の思い通りにはさせないと誓う。狡猾な医師バルトロが女中のマルチェリーナを伴って現れる。フィガロに金を貸しているマルチェリーナは、借金を棒引きにする代わりにフィガロと結婚しようとたくらんでいる。スザンナとマルチェリーナがひとしきり言い争ったあと、一人になったスザンナのところへ小姓のケルビーノがやって来て、この屋敷の女性全員に恋をしていると話す。つい直前に庭師の娘バルバリーナといちゃついているところを見つかって伯爵に怒られたばかり。その伯爵がやって来たので、ケルビーノは慌てて隠れる。伯爵は再びスザンナを口説きにかかるが、音楽教師のバジーリオが来たので身を隠す。バジーリオが「ケルビーノは伯爵夫人に気があるらしい」とスザンナに話すと、伯爵は聞き捨てならんと姿を現す。さらに隠れていたケルビーノを見つけて、激怒する。フィガロが農民の一団を連れて戻ってくる。かつて貴族には、下男が結婚する際にその花嫁と初夜を過ごす権利が認められていたが、「われらが領主様は、そんな封建的な制度を改革した進歩的な名君」と、農民たちが伯爵を褒め称える。伯爵はケルビーノにセヴィリャの連隊に入隊するよう命じて去り、フィガロは落ち込むケルビーノを励ます。

第2幕
伯爵夫人は、夫がかつてのように愛してくれないことを嘆く。しかしフィガロとスザンナに勇気づけられて、三人で伯爵を罠にかけて懲らしめることにする。ケルビーノをスザンナに変装させて伯爵との逢い引きの場所へ送り込もうという作戦だ。ケルビーノは伯爵夫人のために作った歌を歌うと、伯爵夫人とスザンナはケルビーノの女装にとりかかる。スザンナがリボンを探しに行った間に、伯爵がやって来て、ドアに鍵がかかっていることに腹を立てる。ケルビーノは大慌てで衣裳部屋に隠れる。伯爵夫人は夫を部屋に通すが、衣装部屋の物音を聞きつけた伯爵は、そこにいるのがスザンナだという妻の説明を信じない。扉をこじ開ける道具を取ってくるために、伯爵は妻を連れて部屋を出る。スザンナはふたりに気づかれることなく部屋に戻って一部始終を見聞きしていたので、伯爵夫妻が出て行った隙にケルビーノを窓から逃がし、彼の代わりに衣裳部屋に隠れた。戻って来て衣裳部屋の扉を開けた夫妻は、スザンナを見つけて仰天する。これで一件落着かと思いきや、庭師のアントーニオがやって来て、誰かがこの部屋の窓から飛び降りて花壇を台無しにしたと文句を言う。結婚式の準備が整ったことを伝えに来たフィガロが、窓から飛び降りたのは自分だと言い張り、足をくじいたふりをして見せる。そこに裁判所からフィガロに宛てられた召喚状をひらひら振って見せながらバルトロ、マルチェリーナ、バジーリオが登場し、伯爵は大喜びで結婚式の延期を言い渡す。

第3幕
スザンナは伯爵を誘惑して逢引きの約束を取りつけるが、伯爵は、彼女とフィガロの会話を耳に挟んで罠であることを嗅ぎ付けると、復讐を誓う。伯爵夫人は幸福だった日々を回想する。マルチェリーナは、フィガロに借金を返せないなら、ただちに自分と結婚するよう要求する。しかし、フィガロの腕にあるあざを見て、彼が長い間行方不明になっていた自分とバルトロとの間に生まれた息子であることに気づき、仰天する。喜びに包まれたマルチェリーナとバルトロも結婚することにした。一方、伯爵夫人とスザンナは伯爵を懲らしめる作戦を続行し、今夜、伯爵を庭に誘い出すための手紙をしたためる。フィガロとの結婚式の最中、花嫁スザンナは伯爵に密かに手紙を渡す。

第4幕
屋敷の庭。バルバリーナがフィガロとマルチェリーナに、伯爵とスザンナが逢引きする予定になっていると教える。妻が不倫をすると思いこんだフィガロは、世の女性すべてに怒りを覚える。フィガロと入れ替わりにスザンナと伯爵夫人が現れるが、ふたりは衣装を交換して、お互いになりすましている。独りになったスザンナが恋の歌を歌うと、近くに隠れていたフィガロは、彼女が伯爵に語りかけているのだと思いこむ。スザンナが身を隠すと同時にケルビーノがスザンナに変装した伯爵夫人に愛を宣言するが、「スザンナ」と二人きりになろうと現れた伯爵に追い払われてしまう。そのうちにフィガロも事の次第を理解し、自分もお楽しみに加わろうと、伯爵夫人に変装したスザンナを大げさに口説きはじめる。伯爵がやって来て、フィガロと自分の妻の浮気現場を発見したと思いこみ、激怒する。証人になってもらおうと皆を呼び集めると、本物の伯爵夫人が姿を現す。事の真相に気づいた伯爵は、妻に許しを請う。それぞれのカップルが元の鞘に収まり、狂騒の一日が幕を閉じる。